美容と健康のおやつ | 美容と健康についてのアレコレ

美容と健康のおやつ

美容と健康のためにおすすめおやつ

おやつといえばクッキーやケーキ、お饅頭といった甘いお菓子やスナック菓子を思い浮か

べる人が多いかと思います。

しかしながら販売されているお菓子には、白砂糖、油脂類、食品添加物が多く使われてい

ます。

こうしたお菓子を日頃から食べていると美容や健康に影響してくる可能性があります。

美容や健康のために食生活や生活習慣を気を付けても、見落としがちなおやつ、ここでは

ちょっと小腹がすいたときなどにおすすめのおやつを紹介します。

間食時に食べたい美容と健康に良いおやつ

フルーツ

 

フルーツは人の身体にとって最も消化しやすい食べ物です。

空腹時に食べれば約30~40分で消化されて、身体のエネルギーに変わります。

 

バナナ

バナナにはビタミンC、ビタミンB、カロテンが豊富です。

カロテンは体の中でビタミンAに変わり、皮膚の健康を保つ作用があります。

鉄分、カリウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富で、肌荒れや便秘を改善する効果が

期待できます。

 

レモン

 

柑橘類の中でも特にビタミンCが豊富です。

抗酸化作用にも優れ、活性酸素や、メラニン色素の沈着を防ぐ効果が期待できます。

 

リンゴ

 

リンゴに含まれるポリフェノールには強い抗酸化力があります。

肌を若く保つエラスチンとコラーゲンも豊富です。

活性酸素から肌や身体を守り、角質や皮膚へのダメージを防ぐ効果が期待できます。

 

オレンジ

 

ビタミンCが豊富です。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促進し、肌にハリを与えます。

ビタミンA、ビタミンB1、B2なども豊富で、鉄、リン、カルシウム、ナトリウムなどのミ

ネラルも豊富で、バランスの良い栄養素を持つフルーツです。

 

パパイヤ

 

抗酸化作用の強いビタミンA、ビタミンCが豊富です。

葉酸も豊富で貧血予防におすすめのフルーツです。

 

マンゴー

 

ビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、葉酸が豊富です。

青いうちはビタミンCのが多く、熟すほどベータカロチンの量が増加します。

肌の老化を防止、肌の角質を再生を助ける効果が期待できるフルーツです。

 

いちご

 

ビタミンCが豊富です。

100g中に62mgも含まれていて、7~8粒食べれば1日の必要な摂取量を十分摂取できるほどの豊富さです。

抗酸化作用も高く、美肌のためにもおすすめです。

 

グレープフルーツ

 

ビタミンCが豊富です。

大きさにもよりますが半分食べれば1日の必要なビタミンCの摂取量を摂取できます。

食物繊維、カリウムも豊富で、デトックス効果も期待できます。

 

スイカ

 

体内の水分量を調整するカリウムや強力な抗酸化力を持つリコピン、ベータカロチン、が

豊富です。

皮に豊富に含まれるシトルリンは利尿作用があり、むくみ予防にも効果が期待できます。

ドライフルーツ

 

ドライフルーツもおやつにおすすめです。

保存が利くので持ち運ぶのに非常にお手軽で重宝します。

おすすめのドライフルーツは手に入りやすいマンゴー、イチジク、プルーン、アプリコッ

ト、レーズン、デーツ。

 

基本的には、お好みでかまわないです。

 

マンゴー、パパイヤ、アプリコットなどはビタミンAが多く、美肌・美白効果がありま

す。

 

干し柿、イチジク、クランベリーなどはアンチエイジングに、プルーン、レーズン、キウ

イなどは貧血防止に効果があります。

 

中でもマンゴーは美肌・アンチエイジング・貧血防止・お通じの改善などの効果を期待で

きる優れたドライフルーツです。

 

レーズンもアンチエイジング・貧血防止・眼精疲労の回復などの効果が期待できます。

 

ドライフルーツはたくさんの種類がありますが、選び方としては、出来るだけシンプルな

原材料を使っているものを選んでください。

 

ドライフルーツには砂糖や植物油、保存料などの添加物を添加しているものが多くあります。

 

無添加の物を選ぶよう原材料は確かめてください。

 

ドライフルーツの魅力は、食物繊維が多いため、少量でも腹持ちが良いところです。

また、種類が豊富なのもうれしいところです。

 

一日の摂取量としては20~30gが目安です。

ナッツ

 

低GI食品であり、ビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に含みます。

美容と健康のためにも、間食におすすめの食べ物です。

 

手軽においしく食べることができ、栄養も豊富で腹もちがよく、満足感も得られます。

甘いものを食べる前に数粒食べると糖分の吸収を緩やかにしてくれる嬉しい作用もありま

す。

 

栄養価が高い分、1粒あたりのカロリーは高いので、食べ過ぎには注意が必要です。

 

おすすめのナッツ

 

ピーナッツ(薄皮ごと)

 

ビタミンが豊富。

物忘れにいいと言われています。

 

アーモンド

 

若返り効果があるとされるビタミンEが豊富です。

糖や油の吸収を穏やかにする事が期待できます。

 

クルミ

 

ビタミン、ミネラル、リノール酸、アルファリノレン酸が豊富です。

リラックス効果があり、キレイな髪や肌を作ります。

 

カシューナッツ 

 

亜鉛を豊富に含みます。

新陳代謝を活発にします。

 

マカデミアナッツ

 

食物繊維が豊富です。

栄養バランスに優れています。

 

ピスタチオ

 

生理不順や疲れ目に効果が期待できます。

美肌効果が大きく、「ナッツの女王」と呼ばれています。

 

 

ナッツを選ぶときはドライフルーツ同様、無添加のものを選ぶよう原材料を必ず確かめてください。

植物油や塩以外に、調味料(アミノ酸等)などが添加されているものもあります。

揚げたもの、塩分のあるものは選ばないようにしてください。

甘栗

 

現代人に不足しがちなミネラルが豊富です。

マグネシウム、亜鉛、マンガン、鉄、銅、などが含まれているので、おやつにおすすめです。

甘栗には、胎児の細胞分化に必要な葉酸が多く、鉄分やカルシウムなどのミネラルやビタ

ミンC、βカロテン、食物繊維も豊富です。

 

多く含まれるのがビタミンC。

同量のりんごと比べて約10倍ものビタミンCが甘栗には含まれています。

 

リノレン酸(オメガ3)という、必須脂肪酸が豊富です。

 

リノレン酸は体内で生成することが出来ず、不足すると肌や乾燥などの皮膚トラブル、抜

け毛などの外見的な問題や、体温調節や免疫機能などホルモンに関係した病気になりやす

くなるといった問題が起こりやすくなると言われています。

さつま芋(焼き芋)

 

さつま芋はビタミンと食物繊維が豊富です。

便秘気味だったり、お肌の調子がイマイチの方には特におすすめです。

芋類はGI値が高いものが多いですが、サツマイモは比較的低めです。

甘みがあり腹もちも良く、満足感を得ることができます。

何より、さつま芋を焼いただけ。

無添加のため安心して食べることができます。

しかし糖質も多いので、食べ過ぎないように注意してください。

 

秋になるとスーパーなどで販売し始めますが、最近では一年中販売している焼き芋、手軽

に手に入るためとてもおすすめです。

ヨーグルト

 

高タンパク、低カロリーで美味しくて、整腸作用があります。

カルシウムも豊富で、ストレスによるイライラ対策にもなります。

おなかの調子が改善されるため、肌トラブルも改善されます。

 

ナッツやドライフルーツを混ぜて食べてもおすすめです。

 

糖分の取りすぎにならないように、砂糖や甘味料などを避けて無加糖、無添加のプレーン

ヨーグルトを選んでください。

ダークチョコレート

 

豊富に含まれているカカオポリフェノールは活性酸素を除去し、健やかな肌を作ってくれ

ます。

 

カカオポリフェノールにはストレスを和らげてくれる効果が期待でき、ストレスなどで起

こる肌トラブルの緩和にも効果が期待できます。

 

カカオが70%以上含まれて、カカオバターが入っているダークチョコレートを選択して

ください。

 

砂糖が多い甘いものや植物油脂が入っているものは美容や健康のためにはおすすめできま

せん。

 

いかかでしたか?

 

あくまでもおすすめのおやつとして話ですのでくれぐれも食べ過ぎには気を

つけてください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ