熱中症予防や美容におすすめ 夏の食べ物 | 美容と健康についてのアレコレ

熱中症予防や美容におすすめ 夏の食べ物

熱中症予防に大事な栄養素

熱中症を予防するためには、こまめな水分補給はもちろんのこと、塩分、カリウムとい

ったミネラルや色んな栄養素を摂取する事が大切です。

ここでは熱中症を予防するために大切な栄養素やおすすめの食べ物をを紹介します。

 

熱中症を予防するために大切な栄養素

クエン酸

クエン酸はレモンやミカンなどの柑橘系のものに多く含まれる酸っぱい成分です。

乳酸の発生を抑制するので疲労回復効果があります。

ミネラルやビタミンB群の吸収を促す作用もあるため熱中症予防に効果的です。

また、若返りビタミンのバロチンの代謝を活発にするため美肌やエイジング効果もあり

ます。

更には、脂肪をエネルギーに変換し身体を活性化させて元気にする助けになってくれま

す。

 

クエン酸を多く含む食物は

レモン、黒酢、梅干し、グレープフルーツなど

 

カリウム

カリウムは身体の水分を保持する作用がある成分です。

汗をかくことで塩分と一緒に体の中のカリウムが流れ出てしまうと体の細胞が脱水状態

になってしまいます。

熱中症になった時、細胞の脱水状態は体の大切な臓器の細胞の機能障害となる可能性が

あります。

また、カリウムには筋肉の収縮運動を手助けする作用があります。

 

カリウムを多く含む食べ物は

スイカ、モロヘイヤ、バナナ、海苔、ひじき、ほうれん草、そら豆、いんげん豆、じゃがいも、小豆など

 

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質を分解して乳酸などの疲労物質を除去する作用があり疲労回復効果

あります。

逆に不足してしまうと手足のしびれやむくみ、食欲がなくなったり、体がだるいなどと

いった症状になることがあります。

そのため、日頃から意識して取りたい栄養素の一つです。

 

ビタミンB1を多く含む食べ物は

豚肉、玄米、大豆製品、うなぎ、海苔など

 

ビタミンC

ビタミンCは免疫力を高めて体の調子を整えてくれます。

熱中症だけではなく、シミやしわ、そばかすなどの予防、美白、美肌などの美容効果

あります。

 

タミンCを多く含む食物

レモン、キウイ、グレープフルーツ、パプリカ、トマト、スイカ、ブロッコリーなど

熱中症に効果のある食べ物

 

梅干し

梅干しには塩分、ミネラル、クエン酸が豊富です。

汗で流れ出る塩分やミネラルを補給することができます。

また、梅干しにはクエン酸が豊富です。

クエン酸は体の中のエネルギー代謝を良くする作用があります。

エネルギー代謝が活性化することにより早い疲労回復効果があります。

他にもカルシウムの吸収を高める効果や、酸っぱいという味覚を刺激する事で食欲増進

の効果もあります。

熱中症予防だけではなく、夏バテ防止にも効果があります。

1日1粒だけでも十分な効果があるので日頃から食べることをおすすめします。

 

豚肉

豚肉にはビタミンB1が豊富です。

ビタミンB1は疲労回復効果があり、不足すると糖質をエネルギーに変換できず、疲労感

や手足のしびれやむくみ、体がだるいといった不調になってしまいます。

豚肉には、牛肉の約8倍のビタミンB1が含まれていて、たくさんのたんぱく質も取ることができます。

熱中症予防だけではなく、夏バテ防止にも効果があります。

ビタミンB1は豚肉の中でもヒレ肉やモモ肉などの赤身の部分に豊富です。、

ヒレ肉は柔らかく、脂が少なく、ビタミンB1が一番多い部位のため、おすすめです。

 

にんにく

にんにくにはアリシンという成分が豊富です。

夏は冷たいものを飲食しがちです。

すると内臓が冷えてしまい、機能が低下してしまいます。

アリシンは体の血の流れを良くし、体を温める作用があります。

アリシンはビタミンB1と一緒に取ることで効率的に栄養素が吸収されます。

にんにくはすりおろすことで細胞が破壊され、多くのアリシンを取ることができます。

そのため、豚肉とすりおろしにんにくの料理などおすすめです。

 

スイカ

スイカは90%が水分ですが、糖分、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラ

ルが豊富です。

少し食塩をかけて食べることで水分やミネラルともに塩分を補給することができます。

糖分はエネルギーに素早く変わりますし、ビタミンCも豊富なので夏場のエネルギー補給

にぴったりの食べ物です。

 

レモン

レモンは疲労回復効果があるビタミンCやクエン酸が豊富です。

ビタミンCは免疫力を高めてくれますし、体の調子を整える作用があるため、熱中症予防

に効果が あります。

また、美白・美肌効果、ダイエット効果、エイジング効果など、美容に関しても様々な

効果があります。

 

納豆

納豆の材料である大豆にはビタミンB1やカリウムが豊富です。

大豆が発酵することで栄養素の吸収もされやすくなりますし、腸内環境を良くしてくれ

るメリットもあります。

カルシウムやマグネシウムも含まれているのでミネラルの補給にもつながります。

 

いかがでしたでしょうか?

夏は調理することが億劫だったり、食欲がなくなったりして食事を軽めに済ませがちで

す。

もちろんガツガツと食べ過ぎはよくありませんが、バランスよく食事をして熱中症にな

らないように。

夏を満喫してください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ