アーモンドの栄養・効果について話 | 美容と健康についてのアレコレ

アーモンドの栄養・効果について話

アーモンド 栄養 効果

アーモンドはおいしい、栄養・効果はうれしい

 

アーモンドはお好きですか?

ナッツ類の中でも人気の高いアーモンド。

カリッとした食感が良いですよね。

お菓子に混ぜ込んであるアーモンドのプードルやスライスアーモンド。

おつまみにもなりますし、砕いたりペースト状にしたりして料理にも使えるかと思います。

そんなアーモンドの栄養や効果、知っていますか?

ここでは、アーモンドの栄養や効果について紹介します。

 

アーモンド

 

アーモンドに含まれる主な栄養素

ビタミンE

アーモンドにはビタミンEがとても豊富です。

ビタミンEは抗酸化作用があり、活性酸素を取り除く働きがあります。

そのため、心臓病や脳卒中など生活習慣病の予防が期待できます。

また、ビタミンEは血行を良くする働きがあります。

 

不飽和脂肪酸

アーモンドの約半分は脂肪分です。

その脂肪分のほとんどは不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は血液中の悪玉コレステロールを下げ、

玉コレステロールの働きを助ける働きがあります。

そのため動脈硬化や心臓病、脳卒中などの予防が期待できます。

 

食物繊維

アーモンドには食物繊維が含まれています。

不溶性食物繊維が豊富です。

不溶性食物繊維は、腸内の水分を含んで膨らみ腸を刺激する働きがあるため、

腸の動きを活発にする働きがあります。

そのため、腸内環境を整える効果があります。

 

その他にもたんぱく質、ビタミンB2、葉酸、ナイアシン、ビオチン、カルシウム、

マグネシウム、カリウム、鉄、銅、リン、亜鉛など

アーモンドの健康効果

生活習慣病予防効果

アーモンドにはビタミンE、不飽和脂肪酸が含まれています。

ビタミンEは抗酸化作用があり、活性酸素を取り除く働きがあります。

不飽和脂肪酸は血液中の悪玉コレステロールを下げ、

善玉コレステロールの働きを助ける働きがあります。

これらにより、動脈硬化や心臓病、脳卒中などの生活習慣病の予防が期待できます。

 

アンチエイジング効果

アーモンドにまれる豊富なビタミンEは活性酸素を取り除く働きがありま含す。

活性酸素を取り除くことにより、細胞の酸化や老化を予防する効果が期待できす。

 

ダイエット効果

アーモンドに含まれる不飽和脂肪酸や食物繊維は血糖値の上昇を抑え、

糖の吸収を穏やかにする働きがあります。

また、食物繊維は体内の老廃物や毒素を排出し、腸内環境を整える効果があるため

ダイエット効果が期待できます。

 

むくみ解消効果

アーモンドにはカリウムが含まれています。

カリウムは体のナトリウムの浸透圧を維持し、調整する働きがあります。

そのため、体内の余分な塩分や水分が排出されるため、むくみ解消効果が期待できます。

アーモンドの一日の摂取量の目安

アーモンドの一日の摂取量の目安は20~25粒程度す。

アーモンドの食べ方

食べ方としては素焼きのアーモンドをそのままポリポリ…というのが

一番おいしい食べ方だと思います。

 

後は、

フードプロセッサーなどで細かく砕き料理のトッピングやお菓子に使う。

 

ペースト状にして調味料としてつかう。

 

ブレンダーで滑らかにしてアーモンドミルクにする。

など様々な食べ方があります。

アーモンドの選び方

選び方は食塩や油脂が添加されていない無添加のものを選んでください

 

 

いかがでしたでしょうか?

アーモンドは素焼きのまま手軽に食べることはもちろん、料理やお菓子、

おつまみにも美味しく食べることができます。

ここ数年ではアーモンドミルクも注目されてきました。

自分に合う形でアーモンドの栄養を取り入れてみてください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ