紅茶の効能でよい一日を | 美容と健康についてのアレコレ

紅茶の効能でよい一日を

紅茶 効能

紅茶の効能で健康に

紅茶、飲んでますか?

紅茶は香り高く、一口飲むだけでホッとリラックスできる飲み物、として知られています。

世界中で飲まれている紅茶ですが、どんな効能があるか知っていますか?

ここでは、紅茶の効能について紹介します。

紅茶

 

紅茶の効能


がんの予防効果

紅茶にはポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは細胞を酸化させる活性酸素を除去する働きのことです。

がんの発生原因の一つとして、活性酸素といわれているため、

強い抗酸化作用がある紅茶にはがんの予防効果が期待できます。

 

生活習慣病の予防効果

紅茶のポリフェノールの強い抗酸化作用により、

他にも心臓病や高血圧、脳卒中などの生活習慣病の予防効果が期待できます。

 

殺菌効果

お茶の葉には殺菌作用があります。

このお茶の殺菌作用はO-157やインフルエンザ、風邪予防などに効果があります。

出がらしの紅茶でうがいをすることで風邪予防やインフルエンザの予防が期待できます。

 

虫歯予防効果

紅茶にはフッ素が含まれています。

フッ素はハミガキ粉の主成分としてよく使われています。

フッ素は歯の再石灰化を促す働きがあります。

そのため、虫歯予防効果が期待できます。

 

リラックス効果

紅茶にはテアニンという成分が含まれています。

テアニンはアミノ酸の一種でリラックス効果があります。

また、それと同時に紅茶特有の香りによりリラックスすることができます。

個人差はありますが、リラックスすることにより、疲労の軽減やストレス解消

することができます

 

利尿作用

紅茶にはカフェインが含まれています。

カフェインは体内に入ると、腎臓が塩分と水分を外に出そうと働くので尿が出やすくなります。

 

老化予防効果

紅茶に含まれているポリフェノールには老化を進める現象である

「糖化」を抑える働きがあります。

そのため、老化予防効果が期待できます。

 

ダイエット効果

紅茶に含まれるカフェインには、脂肪の燃焼を促す作用、利尿作用などがあります。

そのためダイエット効果が期待できます。

ダイエットのために紅茶を飲むなら運動前に飲むと良いそうです。

この場合、ストレートで飲むことをおすすめします。

砂糖やミルクを入れてしまうと余計なカロリーを摂取してしまうことになります。

また、飲み過ぎには気を付けてください。

紅茶に含まれている栄養素

カフェイン、カテキン類、ビタミンB群、カロチン、ビタミンE、ナイアシン、アミノ酸、

カリウム、リン酸、フッ素などが含まれています。

紅茶は一日に何杯まで?

紅茶が健康に良いとは言っても、飲み過ぎは良くはありません。

紅茶にはカフェインが含まれています。

カフェインは脂肪燃焼効果や覚醒作用、利尿作用などがある一方で、

摂取しすぎると胃腸が刺激されて胃痛や腹痛が起こったり、興奮作用や覚醒作用により

眠れなくなったりすることがあります。

 

そこで、一日に紅茶は何杯まで飲んでいいのか?

ということになりますが、

基本的にカフェインの一日の量は決められてはいないそうです。

カフェインが体に及ぼす影響は個人差が大きいとのことです。

 

世界の欧州食品安全機関やカナダの保健省などの話を参考にすると、

ティーカップであれば4~5杯、最高で8杯程度になります。

ただ、これはあくまでも目安量です。

自分に合った量を見つけてください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

紅茶の効能、ほんの少しですがお分かりいただけたでしょうか?

紅茶をはじめ、お茶は何でも健康効果を抜きにしてもあの香りでリラックスできるから

いいですよね?

そしてリラックスしながら体にはうれしい効果が期待できます。

ぜひ、紅茶を飲んでリラックスしながらお過ごし下さい。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ