ブルーベリーの効果や旬の時期、食べ方 | 美容と健康についてのアレコレ

ブルーベリーの効果や旬の時期、食べ方

ブルーベリー効果

 

ブルーベリー効果は目に良い 目以外にも効果があります

甘酸っぱさが美味しい果物、ブルーベリー。

よくブルーベリーは目に良い、といわれています。

よく聞くけど、どのように良いのか?

何がいいのか?

知っていますか?

ここでは、ブルーベリーの効果などを紹介します。

ブルーベリー

 

ブルーベリーに含まれる主な栄養素

アントシアニン

ブルーベリーに含まれる主な栄養素の中でも最も有名な栄養素はアントシアニンではないかと思います。

アントシアニンはポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があります。

ブルーベリーは目に良いといわれているのはこのアントシアニンの働きによるものです。

他にもアントシアニンの抗酸化作用により、様々な健康効果が期待できます。

 

ビタミン類

ブルーベリーにはビタミンC・ビタミンEなどが含まれています。

ビタミンC・ビタミンEには強い抗酸化作用があります。

アントシアニンと同じように抗酸化作用により、様々な健康効果が期待できます。

 

亜鉛

ブルーベリーには亜鉛が含まれています。

亜鉛はミネラルの一種です。

亜鉛は不足すると味覚障害や免疫機能障害、皮膚に炎症が起きたり、

成長が遅れるなどの症状が出ることがあります。

 

マンガン

ブルーベリーにはマンガンが豊富です。

マンガンは亜鉛と同じく、ミネラルの一種です。

マンガンは糖脂質や骨、皮膚や運動機能の代謝に作用する成分です。

 

食物繊維

ブルーベリーには食物繊維が豊富です。

食物繊維は腸内環境を整える整腸作用があります。

また、食事の後の血糖値の上昇を緩やかにしたり、

コレステロールをコントロールし正常に保つ働きがあります。

 

他にも、β-カロテン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などが含まれています。

ブルーベリーの健康効果

ブルーベリーの一番の健康効果といえば、ブルーベリーに含まれている

アントシアニンの働きによる目に関する効果です。

 

アントシアニンには目の毛細血管を保護する作用や、強くする作用、

血の流れを良くする作用、目のコラーゲンを安定・維持する作用など様々な働きがあります。

また、眼精疲労の回復効果などがあり、目の健康維持効果があります。

 

その他にも、アントシアニンやビタミン類による抗酸化作用の働きで、脳卒中、がん、

動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の予防や肝機能を向上させる効果が期待できます。

ブルーベリーの美容効果

アントシアニンやビタミン類による抗酸化作用の働きで、老化予防効果が期待できます。

ブルーベリーに含まれる食物繊維の働きにより、腸内環境を整え、

便秘改善効果やデトックス効果、ダイエット効果も期待できます。

 

また、抗酸化作用や腸内環境の改善などにより新陳代謝が高まるため美肌効果が期待できます。

ブルーベリーの旬の時期

ブルーベリーの旬の時期は夏の時期が旬です。

大体、6月から8月にかけて国産のものが出回ります。

冷凍や輸入品を含め、一年中手に入るブルーベリーですが

せっかくなら旬の時期の美味しいものを味わってみてください。

ブルーベリーの食べ方

ブルーベリーの食べ方としてはシンプルに生で皮ごと食べる、食べ方です。

一番健康的にブルーベリーの栄養を取り入れられる食べ方です。

夏場は冷凍庫で凍らせて食べても美味しいです。

また、ジャムにしたりソースにしたりジュースにしたりして食べても美味しいです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

目に良い、と言われているブルーベリーですが、体にも様々な健康効果を発揮してくれます。

いつでも手軽に食べられるところも嬉しいですよね。

役立てていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ