玄米はダイエットに最適食材 | 美容と健康についてのアレコレ

玄米はダイエットに最適食材

玄米 ダイエット

 

玄米はダイエットにおすすめ

玄米は健康に良い、とよく聞きます。

とても栄養価が高く、健康的な食品です。

また、ダイエットにもとても効果があります。

ここでは、玄米のダイエット効果を紹介します。

玄米

 

玄米に含まれるダイエットに役立つ栄養素

食物繊維

玄米には食物繊維がとても豊富です。

食物繊維には整腸作用があり、便秘改善や腸内環境を整える効果があります。

また、体内のコレステロールをコントロールしたり、糖の吸収を緩やかにする働きがあります。

 

フィチン酸

玄米にはフィチン酸という成分が豊富に含まれています。

フィチン酸は体内の毒素や有害物質を排出する強力な解毒作用があます。

強力な解毒作用により、体調を整える効果があります。

 

ビタミンB1

玄米にはビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えて糖や脂肪の吸収を抑える働きがあります。

 

ビタミンE

玄米にはビタミンEが含まれています。

ビタミンEは強い抗酸化作用があます。

抗酸化作用は活性酸素を取り除く働きがあり、血の流れを良くする働きや体調を整える効果あります。

 

ギャバ

玄米にはギャバが含まれています。

ギャバには精神を安定させ,ストレスを軽減させる働きがあります。

どうして玄米はダイエットに効果があるのか?

腹持ちが良いため食べ過ぎを防止できる

玄米には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維が胃の中に長い時間留まるため、満腹感が続きます。

 

デトックス効果により、代謝が上がり体調が良くなる

玄米に含まれる食物繊維やフィチン酸などの働きにより、

体内の毒素や有害物質が排出されるため、代謝が高まり体調が良くなります。

 

食後の血糖値の上昇を緩やかにする

玄米に含まれる豊富な食物繊維の働きにより、糖の吸収が緩やかになります。

また、豊富なビタミン類の働きにより糖や脂肪の代謝が良くなります。

そのため、インスリン分泌が抑えられ脂肪が溜まりにくくなります。

玄米の食べ方

玄米の糠の部分にはアブシシン酸という毒となる成分が含まれています。

アブシシン酸は玄米を12時間以上浸水させ、発芽玄米にすることで無毒化することができます。

そのため、玄米を安全に食べるためには

 

玄米を12時間以上浸水する できれば17時間くらい浸水するほうが望ましい

時々水を変えて浸水させてください

十分に浸水させると発芽玄米になりアブシシン酸が無毒化されます。

あとはきれいな水で炊くだけです

 

時々水を変えたり、、、面倒だ、、と思う人や、時間がない、、という人は

発芽玄米を全自動で作ってくれる炊飯器なども売られています

玄米を食べる時の注意点

よく噛むこと

玄米を食べる時に一番大切なことはよく噛むことです。

よく噛むことにより、消化・吸収しやすくなります。

また、よく噛むと満腹中枢が刺激され食べ過ぎ防止になります。

 

よく噛んで食べないと玄米は食物繊維が豊富なため、胃腸に負担をかけてしまい、

消化不良になることがあります。

胃腸の調子が悪い時や体調が悪い時は控えたほうがいいかと思います。

個人差があるので様子を見ながら食べてください。

 

カフェインやタンニンの多い食品とは一緒に飲まない・食べない

玄米と一緒にカフェインやタンニンの多い食品を食べると

ミネラルの吸収率が低下してしまいます。

カフェインが含まれる緑茶やコーヒー、コーラ、

タンニンが含まれる緑茶や赤ワインなど玄米と一緒に摂取しないよう気をつけてください。

ダイエットに役立つ以外にも

玄米はダイエット効果以外にもにも様々な健康や美容に効果があります。

高血圧・糖尿病・心筋梗塞・脳卒中などの生活習慣病予防、がん予防、動脈硬化予防、

更年期障害予防、コレステロール改善効果、アンチエイジング効果、美肌効果など

 

 

いかがでしたでしょうか?

玄米はダイエットに適した食品です。

それとともに様々な健康・美容効果もあります。

食べるときに注意することもありますが慣れてしまえば苦にはなりません

玄米を日々の食卓に取り入れてみてください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ

error: Content is protected !!