ケールは栄養価トップクラス野菜 | 美容と健康についてのアレコレ

ケールは栄養価トップクラス野菜

ケール 栄養価

 

ケールの栄養価について

ケールはキャベツやブロッコリーの原種といわれている野菜です。

青汁の材料として有名なケールですが、食べたことありますか?

ケールはとても栄養価が高いおすすめの野菜です。

ここでは、ケールの栄養について紹介します。

ケール

ケールに含まれる主な栄養素

βカロテン

ケールにはβカロテンが豊富です。

βカロテンは強い抗酸化作用をもつ成分です。

体の中でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜、目の健康を守る働きや風邪の予防効果などが

期待できます。

 

ルテイン

ケールにはルテインが豊富です。

ルテインはカロテノイドの一種です。

βカロテンと同じように強い抗酸化作用があります。

網膜を守る働きや、光を遮る働きなどがあり眼病予防や白内障の予防効果が期待できます。

 

カルシウム

ケールにはカルシウムが豊富です。

カルシウムは骨や歯の構成、精神の安定に必要な栄養素です。

ストレスの軽減や更年期障害の緩和、骨粗鬆症の予防に効果が期待できます。

 

食物繊維

ケールには食物繊維が豊富です

食物繊維は腸の動きを活発にし体の中の毒素や老廃物ほ排出する働きがあります。

また、善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす働きもあります。

そのため、腸内環境を整える効果があります。

その他にも糖や脂質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑える働きがあます。

 

葉酸

ケールには葉酸が含まれています。

葉酸はビタミンB群の一種です。

ビタミンB12と一緒に赤血球を作る助けとなる栄養素で、

赤ちゃんや乳幼児が健康に発達するために必要な栄養素です。

 

ビタミンK

ケールにはビタミンKが含まれています。

ビタミンKはカルシウムを骨に沈着させる働きや

血の凝固作用があります。

骨の健康維持を助ける働きが期待できます。

 

カリウム

ケールにはカリウムが含まれています。

カリウムは細胞の塩分濃度を調整し維持し、

体の中に溜まった余計な塩分の排出を促す働きがあります。

そのため、むくみの改善や高血圧予防効果が期待できます。

 

ビタミンA

ケールにはビタミンAが豊富です。

ビタミンAは粘膜を強くし、保つ働きがあります。

そのため、風邪の予防や美肌効果など期待できます。

また、強い抗酸化作用があるため、活性酸素を抑える働きがあります。

ビタミンC

ケールにはビタミンCが豊富です。

ビタミンCは皮膚や血管、細胞の老化を防ぎ、免疫力を高める働きがあります。

そのため、風邪の予防や美肌効果、ストレスの軽減効果効果が期待できます。

また、強い抗酸化作用があるため、活性酸素を抑える働きがあります。

 

ビタミンE

ケールにはビタミンEが豊富です。

ビタミンEは強い抗酸化作用があるため、活性酸素を抑える働きがあります。

そのため、アンチエイジング効果、高血圧やがん、

脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病の予防効果が期待できます。

その他の含まれる栄養素

たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、マグネシウム、亜鉛、鉄、銅、

ナイアシン、ビオチン、パントテン酸など

ケールの食べ方

ケール独特の青臭さや苦味を抑えるには塩を入れたお湯でサッと下茹でして使います。

生でサラダとして食べることもできますが、油で炒める方が食べやすくなります。

茹でたり、炒めたり、加熱することにより、青臭さがなくなり甘くなります。

 

キャベツと同じように使える、と思ったらいいと思います。

スープやシチュー、炒め物、お好み焼きにいれたり、スムージーにする、など

できます

 

煮込み料理に使うとき

煮込み料理に使うときはしっかり煮込んでください

しっかり煮込まないと味がなじみません。

 

生のままサラダなどで食べるとき

生のままサラダなどで食べるときは

塩もみして使うと特有の苦味やえぐみなどが和らぎます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

ケールは少々クセのある味ですが品種も様々ありますし、調理の仕方で美味しく食べること

ができます。

日本ではあまりなじみのない野菜かもしれませんが一年中手に入る野菜です。

ぜひ、スーパーなどで探してみてください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ

error: Content is protected !!