ひよこ豆の栄養や効能は女性の味方 | 美容と健康についてのアレコレ

ひよこ豆の栄養や効能は女性の味方

ひよこ豆 栄養 効能

 

ひよこ豆の栄養・効能で不調改善

ひよこ豆は好きですか?

ホクホクとして美味しいひよこ豆ですが、あまりよく知らない、料理に使わない、

という人もいると思います。

水煮や乾燥豆で売っていますがそこまでまだ日本では馴染みのある豆ではないようです。

そんなひよこ豆ですが女性にとって嬉しい栄養や効能があるんです。

ここでは、ひよこ豆の栄養や効能を紹介します。

ひよこ豆

ひよこ豆に含まれている主な栄養素

たんぱく質

ひよこ豆はたんぱく質が豊富です。

たんぱく質は必須栄養素のひとつです。

身体の健康を維持するために必要不可欠な栄養素のひとつです。

 

イソフラボン

ひよこ豆にはイソフラボンが含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする栄養素です。

エストロゲンが不足すると補う働きがあり、

逆にエストロゲンが過剰になると働きを抑える働きがあります。

女性ホルモンのバランスを調整する働きがあります。

 

食物繊維

ひよこ豆には食物繊維が含まれています。

食物繊維は便の量を増やし、腸の動きを活発にする働きがあります。

また、体の中の毒素や老廃物を排出する働きがあります。

便秘改善やデトックス効果があります。

 

ビタミンB群

ひよこ豆にはビタミンB1、B2、B6が豊富です。

ビタミンB1は強い解毒作用や糖質の代謝を助ける働きがあります。

ビタミンB2は脂肪の代謝を助ける働き、髪や皮膚などが作られるのを助ける働きがあります。

ビタミンB6はたんぱく質のエネルギー変換を助ける働きがあります。

 

ミネラル類

ひよこ豆にはミネラル類が豊富に含まれています。

カルシウムやマグネシウム、リン、マンガン、亜鉛、銅などが含まれています。

ミネラル類は5大栄養素のひとつでとても大切な栄養素です。

 

葉酸

ひよこ豆には葉酸が豊富です。

葉酸は細胞の生成を促す働きがあり、胎児の健全な発育や成長期の子供に必要な栄養素です。

ひよこ豆の健康効果

骨粗鬆症予防

ひよこ豆にはカルシウム、カルシウムの吸収を助ける働きがあるマグネシウム、

骨へのカルシウム沈着を助ける働きがあるビタミンKが含まれています。

そのため、骨粗鬆症予防の効果が期待できます。

 

貧血予防

ひよこ豆には血を作り出すために必要な栄養素である鉄分、亜鉛、葉酸が含まれています。

また、鉄分の吸収を高める働きがある銅も含まれています。

そのため、貧血予防の効果が期待できます。

 

リラックス効果

ひよこ豆にはGABAが豊富に含まれています。

GABAはアミノ酸の一種で安眠やリラックス効果があります。

不眠やイライラなどにも効果があります。

 

精神安定、ストレス軽減

カルシウムが不足するとイライラや不眠、

情緒不安定などの精神面での不調を引き起こすといわれています。

マグネシウムは神経の興奮を抑える働きがあります。

また、セロトニンンいうホルモンや神経伝達物質を作るために必要な栄養素です。

ひよこ豆に含まれる豊富なミネラル類が精神安定やストレス軽減などの助けになってくれます。

また、豊富に含まれているGABAが精神安定、ストレス軽減に効果があります。

 

便秘解消

ひよこ豆には食物繊維が豊富に含まれています。

ひよこ豆に含まれる食物繊維は不溶性食物繊維という水に溶けない食物繊維です。

便の量を増やし、腸の動きを活発にする働きがあります。

そのため、便通がよくなり、便秘解消の効果があります。

 

むくみ改善

ひよこ豆にはカリウムが含まれています。

カリウムは体の中の塩分濃度を調整し、余計な水分を排出してくれる働きがあります。

そのため、むくみ改善の効果が期待できます。

ひよこ豆の美容効果

ダイエット

ひよこ豆には食物繊維が豊富です。

食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにするため、脂肪の蓄積を抑える働きがあります。

また、腹持ちもいいため食べ過ぎ防止にもなります。

食物繊維の便秘解消により、腸内環境を整える効果があります。

腸内環境が整えば、エネルギー消費が活発になります。

たんぱく質は筋肉量の維持、リバウンドしづらい体を作る助けになります。

そのため、ダイエットの効果が期待できます。

 

アンチエイジング

ひよこ豆には亜鉛が豊富です。

亜鉛は細胞の再生を促す働きがあります。

ビタミンEは強い抗酸化作用、血の流れを良くする働きがあります。

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることでホルモンバランスが整い、

女性らしい体を維持する助けになります

また、イソフラボンはビタミンEと同じように強い抗酸化作用、

血の流れを良くする働きがあります。

これらのにより、アンチエイジングの効果が期待できます。

 

美肌

ひよこ豆に含まれる豊富なイソフラボンはコラーゲンの生成を促す働きや

肌の水分を調節する働きがあります。

ビタミンEは強い抗酸化作用、血の流れを良くする働きがあります。

そのため、肌に関する不調、乾燥やシミ、しわ、たるみなどの予防が期待できます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ひよこ豆はホクホクとした食感で何でも美味しく食べることができます。

フムスやスープ、カレーやサラダなどどんな味にもなじみます。

ひよこ豆は美味しいだけでなく、女性の不調に嬉しい効果があります。

参考にしてもらえれば幸いです。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ

error: Content is protected !!