美容にチョコレートを! | 美容と健康についてのアレコレ

美容にチョコレートを!

チョコレートと聞いて、どのような食べ方を想像しますか?
恐らく大半の人がパフェやケーキ、クッキーなどに入っている砂糖がたっぷりの甘いチョコレートを思い浮かべるでしょう。

ここではその甘いチョコレートではなく、カカオが多く含まれている苦みのあるチョコレートの美容・健康効果を紹介します。

チョコレートは美容や健康にとってうれしい成分が豊富に含まれています。

チョコレートに期待できる効果

アンチエイジング効果

チョコレートにはポリフェノールが含まれています。
これにっは抗酸化作用があり、体の酸化させる活性酸素を抑制し、肌や体の老化を予防する作用が期待できます。

美肌効果

チョコレートに含まれる含まれるカカオポリフェノールの殺菌作用によって、ニキビや吹き出物を予防する効果が期待できます。
また、保湿効果や紫外線による肌へのダメージにも効果が期待できます。

冷え性の予防・改善

チョコレートに含まれるテオブロミンには血管を広げて血の流れを良くする作用があります。
そのため、全身に血が通いやすくなり冷え性を予防・改善する助けになってくれます。

リラックス効果

カカオ特有の香りには記憶力などの脳の働きを活性化してくれます。
その他にも、カカオに含まれているテオブロミンが神経を鎮め、幸福感を感じるセロトニンという神経伝達物質に作用するので、体の不調や肌のトラブルの原因となるストレスを抑えてくれる効果が期待できます。

チョコレートにカカオが含まれる比率

ミルクチョコレート

ミルクなどの乳製品などが入っているチョコレートはミルクチョコレートと言われています。

カカオの含有量は20~40%です。

ビターチョコレート

ミルクなどの乳製品などが入っていないチョコレートはビターチョコレートと言われています。

他に、プレーンチョコレート、ブラックチョコレート、スイートチョコレートなどの呼ばれ方もあります。

カカオの含有量は40~60%です。

ハイカカオチョコレート

低糖チョコレートと言われています。
他に、ダークチョコレート、高カカオチョコレート、ハイカカオチョコレートなどの呼ばれ方もあります。

カカオの含有量は60%以上です。

美容と健康のためのチョコレートの選び方

原材料名の最初に砂糖と表記されているものはおすすめできません。
これは材料の中で砂糖が一番多く入っています、ということです。

美容、健康のことを考えるならカカオ70%以上のものを選んでください。

甘いチョコレートに慣れている人は苦くて食べづらいかもしれませんが、慣れてくればカカオ特有の香りと苦みがクセになってきたりします。

しかし何でもそうですが、食べ過ぎないようにしてください。

一日の摂取量の目安としては、1日に25gです。

カカオに主に含まれる美容にいい成分

ポリフェノール

ポリフェノールが含まれてには高い抗酸化作用があります。
身体の中の活性酸素を抑制する作用があります。
活性酸素が増えると細胞が老化し、体の老化、肌の老化につながっていきます。
そのため、できるだけ活性酸素を増やさないように心がけることが美肌や健康の維持につながります。

テオブロミン

テオブロミンは神経を鎮め体の不調や肌のトラブルの原因となるストレスを抑えてくれる作用があります。
また、血の流れを良くする効果も期待できます。

ミネラル

カルシウム、マグネシウム、鉄分や亜鉛などのミネラルが豊富です。
ミネラルには抗酸化作用や血の流れを良くしたり、代謝を促す作用があるため、肌にとってうれしい効果が期待できます。

食物繊維

食物繊維は腸内環境を整え、便通を良くする作用があります。
そのため、身体の中の不要な毒素や老廃物を外に出すことができます。

いかかでしたでしょうか?

たまには甘い誘惑に負けてしまうかもしれませんが、美容や健康のことを考えるならカカオが多く含まれているチョコレートがおすすめです。

香り高い美味しいチョコレートの美容・健康効果を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

このページの先頭へ