熱中症の予防・対策 | 美容と健康についてのアレコレ

熱中症の予防・対策

 

熱中症の予防と対策

条件によっては誰でも熱中症にかかってしまう危険性があります。

熱中症はしっかりとした対策を行っていれば予防できるものです。

ここでは、熱中症にならないために日頃から気を付けるべきことを紹介します。

一年を通して暑さに負けない体作りを意識する

気温が上昇し始める初夏の頃から栄養バランスの良い食事や適度な運動、疲れを溜めない

ように十分な睡眠を意識して体調管理をしてください。

暑さに負けない体を作っていくことが重要です。

 

水分をこまめにとる

のどが渇いていなくてもこまめに水分を取ってください。

水分と一緒に塩分や糖分の補給も意識してください。

 

適度に塩分をとる

汗をかくと汗と一緒に体の中の塩分も流れ出てしまいます。

適度に塩分を取り補給してください。

 

暑さに対する工夫をする

室内を涼しくする

エアコンや扇風機で室温や湿度を程よく下げてください。

温度計や湿度計などを利用すると便利です。

 

日差しを避ける

帽子をかぶる、日傘をさすなどして直射日光を避けてください。

そして、日陰で活動するようにしたり、木陰など日陰のところを選んで歩いてください。

 

気温と湿度を常に気にする

自分が今いるところの気温や湿度を常に気にかけてください。

室内では風通しを良くしたり、日差しを遮ることで気温や室度を調整してlください。

 

冷却グッズを利用する

冷却シート、冷却スカーフや氷枕など冷却グッズを利用してください。

日々の生活の中で利用できるものや外出時に使えるもの、寝苦しいときに利用できるもの

もあります。

自分に合ったものを探してみてください。

 

飲み物を持ち歩く

外出時にはペットボトルやマグボトルなどに飲み物を持ち歩き、いつでも水分の補給がで

きるようにしてください。

 

休憩をこまめにとる

日差しにさらされる時や外出時には休憩をこまめにとり無理をしないようにしてくださ

い。

熱中症予防のポイント

水分をこまめにとる

エアコンや扇風機を利用する

室内の風通しを良くする

室内の温度や湿度を気にかける

シャワーや冷却グッズ、濡れタオルなどで体を冷やす

外出時には帽子をかぶったり、日傘をさしたりする

涼しい場所や涼しい施設などを利用する。

熱中症の応急処置

暑い環境の中で体調が悪い人がいる場合は屋外・屋内問わず、熱中症を疑ってください。

意識がある場合と意識がない場合とでは熱中症の応急処置の方法が異なります

まずは大きな声で呼びかけて意識の確認をしてください。

 

意識がある場合の応急処置

 

涼しい安全な場所に移動させる

移動させるのが困難な時は、直接日光が当たらないように日傘などで遮ってください。

 

服、ベルトを緩める 体を冷やす

服、シャツのボタンを外したりベルトを緩めて熱が放散しやすいようにしてください。

 

自分で水を飲むよう促す

コップやペットボトルに飲み物を入れて自分で飲むように促してください。

 

自分で飲める場合はそのまま安静にし、しばらく休憩をとってください。

いつもと変わらない状態までに回復すれば安心出来ると判断していいようです。

自分で水が飲めなかったり、体調が回復しない時は医療機関を受診してください。

 

意識がない場合の応急処置

 

直ちに救急車を呼ぶ

意識がない、ろれつが回らない、反応が鈍いなどの症状がある時は直ちに救急車を呼んで

ください。

 

涼しい安全な場所に移動させる

服、ベルトを緩める 体を冷やす

保冷剤や氷など冷却剤がある時は首元やわきの下、太ももの付け根にあてて体を冷やして

ください。

 

意識がないときには水を飲ませない

 

意識がないときには水を飲ませると誤えんして窒息してしまう可能性があるので、水を飲ませるのは避けてください。

 

様々な手段やグッズを利用して熱中症対策をしてください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ