にんにくの栄養や効能についての話 | 美容と健康についてのアレコレ

にんにくの栄養や効能についての話

にんにくの栄養や効能はスゴイ

臭いが気になる野菜であるにんにく、そのため食べる事を控えたりしている人も多いと思います。

その一方でにんにくには疲労の回復や滋養強壮など栄養や色んな効能がたくさんあります。

ここでは、にんにくの栄養や効能などについて紹介します。

にんにくの旬の時期

にんにくは地域により収穫する時期に多少のズレがありますが、

6月から8月にかけての夏の時期が旬の時期です。

5月中旬頃から6月にかけて収穫したての新にんにくが出回ります。

にんにくに含まれる主な栄養素

アリシン

アリシンはにんにく独特のにおいの元となる成分で、硫化アリルの一種です。

ビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。

ビタミンBは糖質をエネルギーに変える時に必要な栄養素です。

疲労回復や滋養強壮に効果があります。

 

スコルジニン

にんにくに含まれるスコルジニンには新陳代謝を促進し、疲労回復効果があります。

血管を拡張させる作用があるため、血のめぐりがよくなり、高血圧、

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防に効果が期待できます。

 

セレン

細胞を酸化させ老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれる抗酸化作用があります。

 

他にも・・

にんにくの芽にはカロテンや食物繊維なども含まれています。

また、にんにくの芽にはビタミンCが豊富です。

にんにくの健康効果

免疫力を高める効果、がん予防効果

にんにくに含まれるアリシンには免疫力を高め作用があるため、

がんの予防に効果期待できます。

 

強力な殺菌効果

アリシンには強い殺菌作用があります。

そのため、結核菌やブドウ球菌,赤痢菌、チフス菌などの

有害な菌に対し、抗生物質の役割を果たしてくれます。

 

疲労回復効果

にんにくに含まれるアリシンにはビタミンB1の吸収を助け、

スコルジニンには新陳代謝を促進し疲労回復に効果があります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

においが独特で敬遠されがちなにんにくですが

とても強力な栄養素や健康効果を持っています。

 

日々の食事に取り入れて摂取することを一番おすすめしますが、

にんにくを摂取する手段として、無臭ニンニクやサプリメントなどを利用することもできます。

自分に合った方法を活用してください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ