ほうれん草の栄養をもっと | 美容と健康についてのアレコレ

ほうれん草の栄養をもっと

ほうれん草 栄養

ほうれん草の栄養と効果は?

ほうれん草はお好きですか?

栄養豊富な野菜の代表的な野菜として知られているほうれん草ですが、どのような栄養が含まれているかご存知ですか?

ほうれん草に含まれる栄養素と効能を紹介します。

ほうれん草

ほうれん草の主な栄養素と効能

鉄分

ほうれん草には鉄分がとても豊富です。

鉄分は赤血球を作る材料になります。

そのため、貧血の予防効果があります。

 

カリウム

ほうれん草にはカリウムが豊富です。

カリウムは摂り過ぎてしまった塩分を体外に排出する作用があります。

血圧を下げる効果があるため、むくみを解消する効果があります。

 

βカロテン

ほうれん草にはβカロテンがとても豊富です。

100gのほうれん草で1日に必要な摂取量の約40%のβカロテンを補うこと

ができます。

βカロテンは活性酸素の働きをがあるため、

細胞を酸化を抑える効果があります。

 

そのため、がんの予防、

動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に効果がありま

また、発育を促す作用もあるため、成長期の子どもにもおすすめの野菜です。

 

ビタミンC

ほうれん草にはビタミンCが含まれています。

ビタミンCは免疫力を高める効果があります。

そのため、風邪予防の効果が期待できます

また、コラーゲンの生成を促しシミやしわなどを防ぐ効果も期待できます。

 

マンガン

ほうれん草にはマンガンが含まれています。

マンガンはピンク色の根元部分にふくまれています

捨ててしまっている人も多いのではないでしょうか?

マンガンは骨の形成を助ける効果があります。

マンガンが不足してしまうと骨粗しょう症、

生殖不能症や肌荒れなどの症状が出ることがあります。

 

その他、含まれる主な栄養素

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、B12、マグネシウム、ルテイン、

葉酸、亜鉛、等のミネラルなど

ほうれん草の効能

貧血の予防・改善、がん予防、視力に低下や維持などの目の病気の予防・

改善、高血圧の予防・改善、老化の抑制(アンチエイジング効果)など

 

ほうれん草の旬の時期

ほうれん草の旬は、11月から2月にかけての冬の寒い時期です

冬の寒い時期に出回るほうれん草は、

夏の時期に比べて栄養価が高くなります。

ほうれん草の食べ合わせ

 

ほうれん草にはビタミンCが含まれています。

ビタミンCはビタミンEと一緒に食べるにより効果が高まります

ビタミンEが豊富なゴマを一緒に食べる和食の定番、

「ほうれん草のゴマ和え」などはとても良い食べ方といえます。

 

鉄分を摂取するのに悪い食べ合わせ

コーヒーや緑茶は鉄分の吸収率を低下させる作用があります

そのため、鉄分を摂取するためにほうれん草を食べるときは、

コーヒーや緑茶と一緒に食べないように注意してください。

 

身体によくないほうれん草の食べ合わせ

ほうれん草と食べ合わせが悪い食材はベーコンです

ほうれん草には硝酸という成分が含まれています。

硝酸はベーコンに含まれているタンパク質の分解物と反応して

発ガン性物質が生成されてしまいます。

出来る限り避けたい食べ合わせです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ほうれん草の栄養や効能などお分かりいただけたでしょうか?

ほうれん草はどんな調理をしても邪魔にならない素材です。

ぜひ、日々の食事に取り入れてみてください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ