リンゴの栄養を効果的に | 美容と健康についてのアレコレ

リンゴの栄養を効果的に

リンゴ 栄養

リンゴの栄養価は?健康効果は?

リンゴはお好きですか?

リンゴは昔から日本人に馴染みのある果物の一つだと思います。

生のままはもちろん、加熱しても美味しく食べることができる万能な果物ですが、

どのような栄養や効果があるか知っいますか?

ここでは、リンゴの栄養や効果を紹介します。

リンゴ

リンゴに含まれる主な栄養素

リンゴポリフェノール

リンゴにはリンゴポリフェノールが含まれています。

リンゴポリフェノールは強い抗酸化作用があり、コレステロールを正常にしたり、

活性酸素を抑制する作用があります。

皮の部分に多く含まれていま

 

カリウム

リンゴにはカリウムが豊富です。

カリウムには体の中の塩分を排出する作用があます。

そのため、高血圧の予防や改善効果があります。

 

ペクチン

リンゴの皮にはペクチンが豊富です。

ペクチンは水溶性食物繊維の一種です。

善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。

 

そのため、便秘に効果がありま

 

ビタミンC

リンゴには酸化型ビタミンCというビタミンCが含まれてます。

酸化型ビタミンCは加熱しても壊れにくい性質を持ったビタミンCです。

美肌効果が期待できます

リンゴの健康効果

動脈硬化など生活習慣病の予防

リンゴに含まれている、ポリフェノールやペクチンなどの食物繊維

血液中のコレステロールを下げて血の流れを良くする効果があります。

また、活性酸素を抑制する作用があります。

そのため

動脈硬化や生活習慣病、がん予防にも効果が期待できます。

 

高血圧の予防

リンゴに豊富に含まれているカリウムは、身体の中の塩分を体外に排出してくれる

作用があります。

そのため、血圧を正常に保ち高血圧の予防になります。

 

便秘の予防、改善

リンゴに含まれている、ポリフェノールやペクチンなどの水溶性食物繊維、

セルロースという不溶性食物繊維が腸内のビフィズス菌を増やし、

悪玉菌を減らしす。

 

そのため、便通が改善され便秘の予防、改善の効果があります。

 

貧血の予防

リンゴにはビタミンCやリンゴ酸などの有機酸が含まれています。

これらは鉄分の吸収を高めてくれる効果があります。

そのため、貧血の予防に効果があります。

 

虫歯の予防

リンゴに含まれているポリフェノールは

虫歯の原因となる歯垢形成酵素の働きを阻止する作用があります。

また、皮ごと食べることで歯肉が強くなり、

よく噛むことで唾液の分泌を促します。

 

そのため、虫歯の予防や歯肉炎の予防が期待できます。

リンゴの旬の時期

基本的に一年中手に入れやすいリンゴですが、旬の時期をしっていますか?

リンゴの旬の時期は10~12月です。

 

秋から冬にかけての寒い時期が一年で一番美味しいリンゴが出回っています。。

リンゴの食べ方

そのまま皮ごと食べる

一番シンプルで一番リンゴの栄養を効果的に摂取することができる食べ方です。

 

すりおろしたり、スムージーなどにして

体調が悪い時や、食欲がない時などはすりおろしたり、

スムージーなどにして食べると食べやすくなります。

 

加熱して食べる

リンゴは加熱することで、ペクチンの抗酸化力が高まるといわれています。

焼きリンゴやコンポートなどにしても美味しく食べることができます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

リンゴは生のままで、加熱してどちらも美味しく食べることができます。

また、種類も豊富です。

日々の食事に取り入れてリンゴの栄養、健康効果を実感していただければ嬉しいです。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ