アスパラガスの栄養や効果を取り入れて | 美容と健康についてのアレコレ

アスパラガスの栄養や効果を取り入れて

アスパラガスの栄養・効果はスゴイ

 

アスパラガス、と聞いてどのような料理を思い浮かべますか?

炒めたり、焼いたり、煮込んだり様々な食べ方があると思いますが、

アスパラガスにどのような栄養や効果・効能があるか知っていますか?

ここでは、アスパラガス 栄養や効果を紹介します。

 

アスパラガス

 

アスパラガスに含まれている主な栄養素

アスパラギン酸

アスパラガスにはアスパラギン酸が含まれています。

アスパラギン酸はアミノ酸の一種す。

新陳代謝を促進する作用、利尿作用、疲労回復効果、美肌効果などがあります。・

アスパラギン酸は茎の部分より穂先の部分に多く含まれています。

 

GABA

アスパラガスにはGABAが含まれています。

GABAは血液中のアルコール濃度を抑える作用があるため

肝機能改善や高血圧改善効果が期待できます。

また、リラックス効果やストレス解消・軽減効果などあります。

 

メチルメチオニン

アスパラガスにはメチルメチオニンが含まれてます。

メチルメチオニンは胃酸の分泌を抑制し、胃の粘膜の新陳代謝を促進する働き

があります。

そのため、胃の粘膜が保護され、胃腸の回復効果が期待できます。

 

ルチン

アスパラガスにはルチンが含まれています。

ルチンはフラボノイド色素の一種です。

血管を強くして、血流が良くなる事で高血圧や血圧改善、

動脈硬化の予防が期待できます。

穂先の部分に多く含まれています。

 

葉酸

アスパラガスには葉酸が含まれています。

葉酸はビタミンB群の1つです。

血管を強くし、動脈硬化や貧血の予防に効果があります。

また、たんぱく質とDNAの合成を助ける働きがあます。

そのため、胎児の神経管障害の予防やがん予防などの効果があります。

その他含まれている栄養素

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、

カリウム、食物繊維、鉄など

アスパラガスの健康効果

疲労回復効果、肝機能改善、高血圧改善効果、美肌効果、利尿作用など

アスパラガスの種類

グリーンアスパラガス

一番よく出回っているアスパラガスです。

発芽後によく日光に当てて育てることにより、鮮やかな緑色になります。

栄養価が高く、味は少し苦みがあります。

 

ホワイトアスパラガス

グリーンアスパラガスと同じ品種ですが、日光に当てずに地中で育てられる為に

白い色になります。

アクや苦みなどは少なく柔らかいですが、栄養価はグリーンアスパラガスに比べて低いです。

 

紫アスパラガス

アントシアニンという成分が含まれているため、紫色をしているアスパラガスです。

加熱すると紫色の皮の部分がグリーンになります。

グリーンアスパラガスよりも栄養価は高いです。

 

ミニアスパラガス

長さが10cm程の短めのアスパラガスです。

輸入の物が多いです。

グリーンアスパラガスと同じ品種のミニバージョンといったところでしょうか?

栄養価もグリーンアスパラガスと同じです。

アスパラガスの旬の時期

アスパラガスの旬の時期は4~6月です。

春から初夏の時期が一年で一番おいしいものが出回っていることになります。

美味しいアスパラガスの選び方

美味しいアスパラガスの選び方としては、

アスパラガスはあまり日持ちしないのでできるだけすぐ食べることです。

また、太くて穂先の部分が開いていないものがよいとされています。

 

 

いかがでしたでしょうか?

アスパラガスの栄養や効果、お分かりいただけましたか?

美味しく食べることができる旬の時期にアスパラガスの栄養や効果を

実感していただければ嬉しいです。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ