しょうがの効能・効果を取り入れて | 美容と健康についてのアレコレ

しょうがの効能・効果を取り入れて

しょうがの効能

 

しょうがはお好きですか?

主に薬味などに使われ、わき役的な野菜ですがしょうが特有の成分があり、

効能があることを知っていますか?

ここでは、しょうがの効果について紹介します。

 

しょうがの効能と効果について

ショウガ

 

しょうがの主な成分

しょうがの辛み成分

しょうがには3種類の辛み成分が含まれています。

その3種類の辛み成分がジンゲロール、、ジンゲロン、ショウガオールです。

血行促進効果や新陳代謝を促進する効果、強い殺菌作用や発汗作用などがあります。

 

ジンゲロール

しょうがにはジンゲロールという辛み成分が含まれています。

ジンゲロールは生のしょうがに多く含まれている成分です。

 

血管を拡張させる作用があるため、血の流れが良くなるため、血流改善効果があります。

そのため、冷え性の改善、むくみの改善などの効果があります。

また、代謝が良くなるためダイエット効果も期待できます。

その他にも、ジンゲロールには殺菌作用や解熱作用、抗炎症作用などもあります。

 

ジンゲロン

しょうがに含まれるジンゲロールを加熱することで、できる成分がジンゲロンです。

ジンゲロンはしょうがの主な香り成分のひとつです。

ジンゲロンは中枢神経を刺激して、エネルギーの代謝を促進する作用や

強い発汗作用があります。

 

また、強力な抗酸化作用があり、体の細胞の酸化を防ぐため、

老化防止の効果が期待できます。

 

ショウガオール

ジンゲロンと同じようにしょうがを加熱することにより、できる成分が

ショウガオールです。

 

ショウガオールには体を温める働き、新陳代謝を促進する作用、強い発汗作用、

血行促進効果などがあります。

また、ショウガオールには痛みを緩和する効果があるいわれています。

そのため、関節炎やリューマチ、生理痛などの痛みに効果が期待できます。

 

シネオール

しょうがには独特の香りがあります。

その香り成分がシネオールです。

 

ネオールは食欲を増進させる働きがあります。

そのため、夏バテの解消や疲労回復効果などの効果があります。

また、、消化吸収を助ける働き、消炎作用、解毒作用などがあります。

 

マンガン

しょうがにはマンガンが豊富です。

マンガンには新陳代謝を促進する作用や抗酸化作用があります。

そのため、免疫力を高める効果や老化予防などの効果が期待できます。

しょうがの健康効果

心臓病予防効果、糖尿病予防効果、がん予防効果、つわりを和らげる効果、

生理痛を和らげる効果、ダイエット効果、胃の調子を整える効果、利尿作用、

抗炎症作用、デトックス作用(解毒作用)などがあるといわれています。

しょうがの主な種類

しょうがの主な種類として、古根生姜(ひねしょうが)と

新生姜(しんしょうが)があります。

 

古根生姜は基本的に一年中、手に入れることができるしょうがです。

辛みが強く、固めのしょうがです。

新生姜を数ヶ月間寝かせたものが古根生姜です。

 

新生姜は初夏に収穫され貯蔵されることなくすぐにに出荷されます。

繊維がやわらかく、スジが少ない、さわやかな辛味があります。

しょうがの旬の時期

しょうがの旬の時期としては根生姜は9~11月、新生姜は6~8月が旬の時期の目安す。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

しょうがの栄養・効果、お分かりいただけたでしょうか?

薬味をはじめ、ちょっとした料理のアクセントなど使い方は人や料理によって

様々な食べ方があるかと思います。

少量ずつでいいので日々の生活にしょうがを取り入れて栄養効果を実感してください。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ