玉ねぎの栄養・健康効果で・・・ | 美容と健康についてのアレコレ

玉ねぎの栄養・健康効果で・・・

玉ねぎの栄養はどんな効果がある?

 

玉ねぎは世界中で様々などんな料理にも使われている万能野菜です。

玉ねぎは血液をサラサラにする、などの健康効果があるのは有名な話だと思います。

ここでは、玉ねぎの栄養や血液をサラサラにする効果など紹介します。

タマネギ

 

玉ねぎに含まれる主な栄養素

ケルセチン

玉ねぎにはケルセチンが含まれています。

ケルセチンはポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用は身体の細胞を酸化させてしまう活性酸素を取り除く働きがあります。

 

ケルセチンは血管を柔らかくしなやかにし、血の流れを良くする働きがあります。

そのため高血圧や動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞などの

血管に関する病気の予防・改善に効果があります。

ケルセチンは玉ねぎの皮の部分に多く含まれています。

 

硫化アリル

玉ねぎには硫化アリルが含まれています。

硫化アリルは血液をサラサラにする効果があります。

そのため、ケルセチンと同じように高血圧や動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞などの

血管に関する病気の予防・改善に効果があります。

 

また、血液中の不要な糖分や脂質を減らす働きもあるので糖尿病の予防や改善、

悪玉コレステロールを減少させる効果があります。

 

硫化アリルは水溶性のため、水に溶けだしてしまいます。

健康効果を考えるのであれば水にさらさないことをおすすめします

 

玉ねぎの健康効果

がん予防

玉ねぎにはケルセチン含まれています。

ケルセチンは皮の部分に多く含まれています。

ケルセチンには強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除いてくれる抗酸化作用

があります

活性酸素はがんや老化現象など様々な病気を引き起こす原因です。

そのため、活性酸素を取り除いてくれる抗酸化作用はがんなどの予防に効果

があります。

 

 

高血圧、糖尿病の予防・改善

玉ねぎには硫化アリルが含まれています。

硫化アリルはコレステロールの代謝を良くし、血栓をできにくくする働きがあります。

そのため、血の流れが良くなり、高血圧や糖尿病、動脈硬化、

脳出血や脳梗塞などの血管に関する病気の予防・改善に効果があります。

 

疲労回復効果

玉ねぎには硫化アリルが含まれています。

硫化アリルはビタミンB1と結びつくことでアリチアミンになります。

アリチアミンは体内にビタミンB1を長く留め、ビタミンB1の吸収を促す働きがあります。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるために必要な栄養素で、

不足してしまうと、食欲不信や疲労、イライラや不眠などが起こります。

 

玉ねぎと一緒にビタミンB1を多く含む食品を食べることで疲労回復効果が期待できます。

ビタミンB1を多く含む食品は豚肉、大豆、豆類、ウナギ、ブリなど

玉ねぎの旬の時期

玉ねぎは一年中手に入る野菜ですが、柔らかく、甘みが強い新玉ねぎは

春先から夏にかけての時期に出回ります。

玉ねぎの選び方

通年玉ねぎ

皮が乾燥していてツヤがあり、丸く、重量感があり、全体が固く締まっているもの

新玉ねぎ

皮にツヤのあり、重みがあるもの

新玉ねぎは通年玉ねぎに比べて水分が多く、柔らかいので傷みがないか

チェックしてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

万能野菜、玉ねぎ。

どんな料理にも合い、料理を美味しくしてくれる食べ物です。

そして、現代人には特に必要な血液サラサラ効果がある野菜です。

日々の生活に取り入れてみていただければ嬉しいです。

コメントを残す

Captcha loading...

このページの先頭へ