美容に嬉しい旬の夏野菜 | 美容と健康についてのアレコレ

美容に嬉しい旬の夏野菜

日本には四季があり、春夏秋冬それぞれ旬の食べ物があります。

美容やお肌のためにたくさん取りたい野菜ですがせっかく食べるのであれば栄養価も高

く美味しい旬のものを食べたいものです。

ここでは、美容や健康に嬉しいおすすめの旬の夏野菜を紹介します。

美容や健康に嬉しいおすすめの旬の夏野菜

 

トマト

トマトにはビタミンA、ビタミンCが豊富です。

これらは細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。

また、トマトに含まれるリコピンには血の流れを良くする作用があり、代謝を高めてく

れる効果があります。

 

トマトに含まれる主な栄養素

カロチン、リコピン、カリウム、ビタミンC、ビタミンE

 

トマトの美容効果や健康効果

リコピン、カロチン、ビタミンC、ビタミンEに抗酸化作用があります。

抗酸化作用には細胞の酸化防止、老化防止の効果

 

カリウムが身体の中の余計な塩分を排出し、動脈硬化、高血圧予防の効果

ゴーヤ

 

ゴーヤにはビタミンCが豊富トマトの5~6倍とも言われています。

他にも、ビタミンやミネラルも含まれています。

 

ゴーヤに含まれる主な栄養素

ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB12、カリウム、

 

ゴーヤの美容効果や健康効果

ビタミンCには抗酸化作用があり、細胞の酸化を防ぐ働きがあります。

ビタミンB1、ビタミンB12には肌を保護する働きがあります。

 

カリウムには身体の中の余計な塩分を排出する作用があるため、むくみの解消・改善に

効果があります。

ナス

ナスにはビタミンCやビタミンB群、ミネラル、食物繊維が豊富です。

また、ポリフェノールが豊富なのでエイジング効果も期待できます。

 

ナスに含まれる主な栄養素

ポリフェノール、アントシアニン、ナスニン、カリウム

 

ナスの美容効果や健康効果

ポリフェノール、アントシアニン、ナスニンには抗酸化作用があるため、細胞の酸化を

防ぐ働きがあります。

 

アントシアニンは眼精疲労に効果があります。

 

ナスは約95%が水分なため低カロリーです。

そのため、ダイエット効果が期待できます。

カボチャ

カボチャはビタミンAをはじめ、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどのビタミン

やカルシウム、鉄などのミネラル類が豊富です。

 

カボチャのビタミンCは加熱しても壊れにくい特徴あります。

 

皮には果肉以上にビタミンAが豊富です。

そのため、皮ごと調理することをおすすめします。

 

カボチャに含まれる主な栄養素

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カリウム

 

カボチャの美容効果や健康効果

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには抗酸化作用があるため、細胞の酸化を防ぐ働

があります。

そのため、アンチエイジング効果が期待できます。

 

ビタミンAには皮膚や粘膜を保護し健康に保つ働きがあります。

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには免疫力を高める効果あります。

ピーマン

ピーマンにはビタミンA、ビタミンCが豊富です。

このビタミンA、ビタミンCが細胞の働きを活発にし、夏バテや疲労回復、夏かぜの予

防などに効果があります。

 

ピーマンに含まれる主な栄養素

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カロチン、

 

ピーマンの美容効果や健康効果

ビタミンC、ビタミンE、カロチンには抗酸化作用ががあるため、細胞の酸化を防ぐ働

があります。

そのため、肌荒れ改善やアンチエイジング効果が期待できます。

 

ビタミンC、ビタミンE、カロチンや緑のピーマンに含まれるクロロフィルクロロフィ

ルにも抗酸化作用がありがん予防の効果が期待できます。

 

ビタミンC、カロチンには免疫力を高める作用があるため、風邪を予防する効果が期待

できます。

 

ピーマンには唐辛子と同じカプサイシンが含まれています。

 

そのため、代謝が高まり、熱エネルギーが身体の外に出るため、ダイエット効果が期待

できます。

 

ビタミンCの含有量は赤ピーマンが一番多く、二番目に黄色、三番目に緑色となりま

す。

そのため、栄養価で選ぶなら赤ピーマンです。

その他のおススメ野菜

 

オクラ

ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウムなどが含まれています。

水溶性食物繊維であるペクチンが含まれていて糖の吸収を抑制する働きがあります。

 

トウモロコシ

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、カリウム、食物繊維などが含まれています。

タミンB1、ビタミンB2ストレスの抵抗力を高めてくれる効果や疲労回復効果があ

ります。

 

ビタミンEは抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があります。

食物繊維腸内環境を整える作用があります。

 

枝豆

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維などが

含まれています。

 

ビタミンB1、ビタミンCと枝豆のタンパク質に含まれるメチオニンアルコールの分

解を助ける働きがあり、肝機能を活性化する作用があります。

 

カリウム身体の中の塩分の排出を助ける利尿作用効果があり、身体の中の水分量を調

節してくれるためむくみの解消に効果があります。

 

食物繊維は腸内環境を整える作用があります。

 

キュウリ

96%が水分であり、ビタミンC、カリウム、カロチンなどが含まれてます。

ビタミンCには抗酸化作用、免疫力を高める効果があるため、アンチエイジング効果や

風邪予防などの効果があります。

 

カリウム身体の中の塩分の排出を助ける利尿作用効果があり、身体の中の水分量を調

節してくれるためむくみの解消に効果があります。

 

キュウリにはビタミンCを壊してしまう酵素である、アスコルビナーゼが含まれていま

す。

酢にその酵素の働きを抑える作用があるので、酢の物やサラダなどで食べることをおす

すめします。

 

モロヘイヤ

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、鉄、カロチン、食物

などが含まれています。

 

ビタミンC、ビタミンE、カロチンには抗酸化作用があり、細胞の酸化を防ぐ働きがあり

ます。

そのため、肌荒れ改善やアンチエイジング効果が期待できます。

 

ビタミンB1、ビタミンB2ストレスの抵抗力を高めてくれる効果や疲労回復効果があ

ります。

 

ビタミンCには抗酸化作用、免疫力を高める効果があるため、アンチエイジング効果や

風邪予防などの効果があります。

 

食物繊維は腸内環境を整える作用があります。

 

シソ 大葉

ビタミンA、カロチンなどが含まれています。

ビタミンAには皮膚や粘膜を保護し健康に保つ働きがあります。

肌荒れ予防、シミ・しわの予防効果もあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回の旬の夏野菜を紹介しました。

春夏秋冬それぞれ旬の野菜を取り入れていつまでも若々しく健康に元気に過ごせたらい

いですよね。

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

このページの先頭へ