コーヒーには健康効果がいっぱいある | 美容と健康についてのアレコレ

コーヒーには健康効果がいっぱいある

 

健康にコーヒーは良い

コーヒーには様々な健康効果があります。
ここではその効果について紹介していきます。

ダイエット効果

コーヒーで有名な成分といえばカフェインがあります。
そのカフェインには高い脂肪燃焼効果があります。
消化酵素の1つで脂肪分解酵素のリパーゼの働きを活発にする作用があるためです。

リラックス効果

コーヒーのあの何ともいえない香りにリラックス効果があります。
あの香りには脳をリラックスさせる効果があり、香りを嗅いだ脳はα波が増えることがわかっています。

胃の動きを活性化する効果

コーヒーに含まれるカフェインには胃に程よく刺激を与え胃酸を分泌させるのを促進し、消化を助ける作用があります。

しかし、飲み過ぎてしまうと胃酸が分泌しすぎて逆に胃酸過多になったり、胃が荒れてしまいます。
飲み過ぎないように注意してください。

整腸作用効果

コーヒーにはコーヒー豆マンノオリゴ糖というオリゴ糖の一種が含まれています。
オリゴ糖とはビフィズス菌や乳酸菌のエサとなる成分で腸内の様々ないい菌を元気にします。

善玉菌が元気になり腸内細菌のバランスが整うとおなかの調子も
改善されます。

脳の働きを活性化させる効果

コーヒーには覚醒作用があります。
これは含まれるカフェインが神経を興奮させ脳を活性化させているために起こります。

これにより、眠気の防止、思考力や集中力を高める、といった効果が期待できます。

うつ病を予防する効果

うつ病にの人がコーヒーを飲むと、ドーパミンやセロトニンといった神経を伝達する物質の分泌を助ける作用があり、それがうつ病になるリスクを減らします。

また逆にうつ病の人コーヒーを飲むとうつ病の症状が悪化してしまうことがあります。
これは、うつ病の人はもとより神経が不安定なため、神経を伝達する物質によって神経が興奮状態になってしまい、神経がより不安定になってしまうからです。

そのため、うつ病でない人はコーヒーを適度に飲むことをおすすめしますが、うつ病の人は出来るだけ飲むのを控えることをおすすめします。

コーヒーの一日の摂取量の目安

コーヒーの一日の摂取量の目安としては3杯~5杯です。
個人差にもよりますがカフェインを過剰に摂取すると頭痛や眠気、倦怠感、胃痛など不調をきたすこともあるため、飲み過ぎには注意してください。

ここで紹介したものはあくまでもブラックコーヒーの話です。
ミルクや砂糖が入っているもの、コーヒー飲料などは健康効果は全くと言っていいほど期待はできません。

 

いかかでしたでしょうか?
このようにコーヒーには様々な健康効果があります。
日々の生活に取り入れてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

このページの先頭へ